BIRTH HOUSE Newly-Built バースハウスの新築

基本構造について Basic structure

当社は標準装備と言うものを設けておりません。「千差万別」「十人十色」 同じ土地、同じ人がいないのであれば同じ家は必要ありません。
安心・安全に住んで頂く最低限の仕様はありますがその殆どはオーダーメイドです。
お客様にとって何が必要で何が不必要なのか、打合せを交わしながらお客様が安心して、安全に住んで頂ける家の仕様を決めていきます。
しかし、なかなかどんな仕様があってどんな仕様が良いのか分からないこともあるかと思います。
また、住宅業界も日々目まぐるしく変化をしています。そんな事から私たちが一般的におすすめする仕様を一部紹介させて頂きます。

地盤調査

どんなに頑丈な家屋でも地盤が軟弱では意味がありません。お家を建てようと計画している土地の地盤が適切な強度を保っているのかを調査致します。
万が一強度がたりていない場合には、適切な方法で改良致します。
また、改良の必要の有・無し関係なく地盤の10年保証をお付け致します。

べた基礎

低板一面を立上り部分と一体の鉄筋コンクリート構造にすることにより家の荷重を基礎全体で受け止め、面で支える頑丈な基礎になります。

また、防湿シートを敷きこんでいますので床下の湿気を軽減させ構造物の腐食やシロアリの被害も起こりにくくなります。

べた基礎

低板一面を立上り部分と一体の鉄筋コンクリート構造にすることにより家の荷重を基礎全体で受け止め、面で支える頑丈な基礎になります。

また、防湿シートを敷きこんでいますので床下の湿気を軽減させ構造物の腐食やシロアリの被害も起こりにくくなります。

在来工法

当社では在来工法を採用しています。
コンセプトは『お客様にあった家づくり』。

フルオーダーで造る自由度の高い家としては在来工法がもっとも有利と言えます。また、日本は昔から在来工法であり、日本の気候風土の中で発展してきたこの工法は様々な点で日本の環境に適した工法と言えます。

剛床工法

全ての床に対して梁・大引き共に縦横の間隔を910㎜間隔にし24㎜の構造用合板を敷き詰める事による「剛床工法」を採用しています。剛床工法は従来の工法に比べて約3倍の水平荷重を持つ事により地震や台風による「ねじれ」や「ゆがみ」に強い構造になります。

また、気密性を向上させる工法でもあります。

外壁通気工法

木造構造の住宅において一番の大敵は湿気です。上手に通気をし湿気を逃がす事は高気密化する現在の住宅においてとても重要な事です。湿気は構造物の腐食やカビ、害虫などを発生する可能性があります。

温まった空気は上昇する原理をうまく使う事によって自然と構造体全体を常に通気します。

仕 様 Method

耐震パネル

現代の日本の木造住宅の主な工法は「在来工法」と「2×4工法」があります。「2×4工法」の耐震対策は壁にパネルを張り面で支える工法に対し「在来工法」は柱間に斜め材(筋交い)を入れることにより耐震対策をしています。その両方の良いところをとって筋交いとパネルの両方を組み合わせることにより耐震等級3相当を実現します。また、パネルを外気と一枚かまける事により「断熱性」「遮音性」「気密性」の向上にもなります。

当社では、構造計算を1.5倍で設定しておりますので、避難所レベルの耐震等級3相当が標準となります。

住宅性能証明書を発行する事も可能です。

耐震パネル

現代の日本の木造住宅の主な工法は「在来工法」と「2×4工法」があります。「2×4工法」の耐震対策は壁にパネルを張り面で支える工法に対し「在来工法」は柱間に斜め材(筋交い)を入れることにより耐震対策をしています。その両方の良いところをとって筋交いとパネルの両方を組み合わせることにより耐震等級3相当を実現します。また、パネルを外気と一枚かまける事により「断熱性」「遮音性」「気密性」の向上にもなります。

住宅性能証明書を発行する事も可能です。

当社では、構造計算を1.5倍で設定しておりますので、避難所レベルの耐震等級3相当が標準となります。

断熱材

アクアフォーム(現場発泡硬質ウレタンフォーム)を推奨しております。断熱性能の高さはもちろん、現場で発泡する事により現場の複雑な形状をした部分にも隙間なく密着するため断熱性能を最大限に発揮し気密性の高い住宅を実全します。さらに細かな気泡構造は吸音性にも優れています。また、シックハウスの原因(揮発性有機化合物)となる素材を一切含んでおりません。
当社ではUA値(外皮平均熱貫流率)をZEH(ゼロエネルギーハウス)基準の0.60W/㎡K以下を基準に考えおります。

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の
発行も承っております。

遮熱シート

屋根・壁共に遮熱シートを採用しております。 地域柄夏場は全国的に見てもトップクラスの気温になります。そんな厳しい日差しと赤外線をカットする遮熱材で家をそっくり包む事により断熱材の手前である程度の熱をカットすることができます。そのことにより効率よく断熱性能を発揮する事が可能になります。

防災瓦屋根

決まり事ではありませんが、私たちは屋根材は防災瓦を強く薦めております。屋根材は多様多種ございますがメンテナンスフリーと言える屋根材は現状瓦しかありません。そして近年太陽光システムの導入が増えてきている事からメンテナンスフリーにする重要性を感じます。太陽光システムを設置した状態でメンテナンスは不可能だからです。太陽光システムを導入しないとしても、やはり日本の気候にあった屋根材は瓦屋根と言えます。

換気システム

「高気密・高断熱」の住宅が一般的に普及している現在しっかりとした換気はとても重要な事です。クリーンな新鮮な空気が常に家の中を循環する事により身体に良いことはもちろん結露やカビの防止にもなりますので家屋にとっても必要不可欠です。しかし、せっかく「高気密・高断熱」の住宅だとしてもただ直接外気を取り入れる換気システムでは効果を半減させてしまいます。そこで私たちは24時間換気システムを吸排気共に機械動力を使う「第1種換気」と「熱交換機」を併用する「全熱交換式」をおすすめしております。換気効率の向上と熱交換器を使うことにより室内温度の変化を軽減させ省エネ効果を得ることから「高気密・高断熱」を最大限に発揮する換気システムと言えます。

熱交換効率 65%〜67%

その他設備

24時間換気と共に冷暖房を一括して管理する全館空調システムや床下に放熱器を設置し、床下から温かい空気を家全体に送る事により温度差の少ない室内環境を作るシステムなど、様々な設備を取り扱っております。是非ご相談下さい。

ページトップボタン